副腎内分泌

研究グループの名称

副腎内分泌グループ

研究室主任および研究室メンバー

栗原勲

専門

総合内科専門医、指導医 内分泌代謝内科専門医、指導医腎臓専門医 高血圧専門医

1997年3月 慶應義塾大学医学部卒業
1997年4月 慶應義塾大学病院内科(研修医)
慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程(内科系内科学)入学
2003年11月 米国Baylor医科大学分子細胞生物学(研究留学)
2007年4月 足利赤十字病院内科
2008年4月 慶應義塾大学医学部特任助教
2009年6月 慶應義塾大学医学部助教(有期)
2011年10月 慶應義塾大学医学部講師(有期)
2013年10月 慶應義塾大学医学部専任講師

研究室メンバー:(学内)

  • 小林佐紀子(H10年
  • 横田健一(H13年)
  • 乃村元子(H13年)
  • 武田彩乃(H14年、保健管理センター在籍)
  • 三石木綿子(H15年、予防医療センター在籍)
  • 盛崎瑞葉(H21年)
  • 高畑尚(H22年)
  • 大嶋洋佑(H23年)
  • 南悠季子(H24年)
  • 齋藤洸平(H25年)

研究室メンバー:(学外)

  • 柴田洋孝(S63年、大分大学医学部内分泌代謝・膠原病・腎臓内科学講座・教授)
  • 鈴木利彦(H5年、東京ベイ浦安・市川医療センター)
  • 安藤孝(H6年、東京女子医大内科学・講師)
  • 冠城徳子(H11年、渋谷ステーションクリニック)
  • 林毅(H15年、東京慈恵会医科大学葛飾医療センター)
  • 本杉裕一郎(H16年、すぎ内科・糖尿病クリニック)
  • 城理絵(H17年、けいゆう病院)
  • 大山貴子(H18年、大山整形外科)
  • 中村俊文(H20年、東京医療センター)

研究のメインテーマ

原発性アルドステロン症の新たな病型診断法の確立と予後調査およびミネラルコルチコイド受容体(MR)活性化の分子機構解明につき研究を行っております。

研究概要

原発性アルドステロン症は高血圧症の数%を占める二次性高血圧であり、本態性高血圧に比べて心臓や血管、腎臓など様々な臓器に及ぼす悪影響が懸念されることから、的確な診断と治療が求められる。当科は全国でも屈指の原発性アルドステロン症患者受け入れ数を誇り、本疾患の正確かつ効率的な診断や合併症・予後調査に関わる臨床研究を行っている。近年では、低侵襲ラジオ波アブレーション治療の治験にも参加し、最先端の診療を心がけて情報発信している。また基礎研究においては、アルドステロン受容体(ミネラルコルチコイド受容体:MR)に着目し、MRを介した高血圧(MR関連高血圧)発症の分子メカニズムや、腸管でのアルドステロン作用の解析を進めてきた。その結果、高血圧発症における新規MR転写共役因子の関与や、腸管MRによる新規血圧調節機構を明らかにした。現在このような視点に立ちミネラルコルチコイド高血圧の病態解明についてさらなる研究を進めている。

代表的論文の紹介

Mineralocorticoid receptor-associated hypertension and its organ damage: clinical relevance for resistant hypertension.
Shibata H, Itoh H.
Am J Hypertens. 2012 May;25(5):514-23

治療抵抗性の高血圧の中でミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬の追加投与が特に有効な高血圧があり、このような高血圧を我々は「MR 関連高血圧」として提唱している。
広義のMR関連高血圧には、血漿アルド ステロン濃度(PAC)が高値を示すタイプと正常範囲であるタイプの2つに分けられるが、 特に後者には糖尿病、肥満、慢性腎臓病、多嚢胞性卵巣症候群などが含まれる。 これらの分子機構としては、MR 発現量の上昇、MR のホルモン感受性の亢進、MR の安定化、MRに結合する他の因子(Rac1など)による MR 活性化などの多様な機序が想定されている。このように何らかのメカニズムによりMRが過剰に活性化されることが高血圧発症の一原因になると推測されている。

業績

  1. Intestinal Mineralocorticoid Receptor Contributes to ENaC-Mediated Intestinal Sodium Absorption and Blood Pressure Regulation.
    Toshifumi Nakamura, Isao Kurihara, Sakiko Kobayashi, Kenichi Yokota, Ayano Murai-Takeda, Yuko Mitsuishi, Mitsuha Morisaki, Nao Kohata, Yosuke Oshima, Yukiko Koike, Hirotaka Shibata, Hiroshi Itoh Journal of the American Heart Association in press.

  2. Prevalence of Cardiovascular Disease and Its Risk Factors in Primary Aldosteronism: A Multicenter Study in Japan. 
    Ohno Y, Sone M, Inagaki N, Yamasaki T, Ogawa O, Takeda Y, Kurihara I, Itoh H, Umakoshi H, Tsuiki M, Ichijo T, Katabami T, Tanaka Y, Wada N, Shibayama Y, Yoshimoto T, Ogawa Y, Kawashima J, Takahashi K, Fujita M, Watanabe M, Matsuda Y, Kobayashi H, Shibata H, Kamemura K, Otsuki M, Fujii Y, Yamamoto K, Ogo A, Okamura S, Miyauchi S, Fukuoka T, Izawa S, Yoneda T, Hashimoto S, Yanase T, Suzuki T, Kawamura T, Tabara Y, Matsuda F, Naruse M; Nagahama Study; JPAS Study Group.
    Hypertension. 2018 Mar;71(3):530-537.

  3. Significance of Computed Tomography and Serum Potassium in Predicting Subtype Diagnosis of Primary Aldosteronism.
    Umakoshi H, Tsuiki M, Takeda Y, Kurihara I, Itoh H, Katabami T, Ichijo T, Wada N, Yoshimoto T, Ogawa Y, Kawashima J, Sone M, Inagaki N, Takahashi K, Watanabe M, Matsuda Y, Kobayashi H, Shibata H, Kamemura K, Otsuki M, Fujii Y, Yamamto K, Ogo A, Yanase T, Suzuki T, Naruse M; JPAS Study Group.
    J Clin Endocrinol Metab. 2018 Mar 1;103(3):900-908.

  4. Accuracy of adrenal computed tomography in predicting the unilateral subtype in young patients with hypokalaemia and elevation of aldosterone in primary aldosteronism.
    Umakoshi H, Ogasawara T, Takeda Y, Kurihara I, Itoh H, Katabami T, Ichijo T, Wada N, Shibayama Y, Yoshimoto T, Ogawa Y, Kawashima J, Sone M, Inagaki N, Takahashi K, Watanabe M, Matsuda Y, Kobayashi H, Shibata H, Kamemura K, Otsuki M, Fujii Y, Yamamto K, Ogo A, Yanase T, Okamura S, Miyauchi S, Suzuki T, Tsuiki M, Naruse M.
    Clin Endocrinol (Oxf). 2018 Feb 21. [Epub ahead of print]

  5. Epidermal growth factor receptor/extracellular signal-regulated kinase pathway enhances mineralocorticoid receptor transcriptional activity through protein stabilization.
    Mitsuishi Y, Shibata H, Kurihara I, Kobayashi S, Yokota K, Murai-Takeda A, Hayashi T, Jo R, Nakamura T, Morisaki M, Itoh H.
    Mol Cell Endocrinol. 2018 Jan 30. [Epub ahead of print]

  6. High Glucose Stimulates Mineralocorticoid Receptor Transcriptional Activity Through the Protein Kinase C β Signaling.
    Hayashi T, Shibata H, Kurihara I, Yokota K, Mitsuishi Y, Ohashi K, Murai-Takeda A, Jo R, Ohyama T, Sakamoto M, Tojo K, Tajima N, Utsunomiya K, Itoh H.
    Int Heart J. 2017 Oct 21;58(5):794-802.

  7. Case Report: Nodule Development From Subcapsular Aldosterone-Producing Cell Clusters Causes Hyperaldosteronism.
    Nishimoto K, Seki T, Kurihara I, Yokota K, Omura M, Nishikawa T, Shibata H, Kosaka T, Oya M, Suematsu M, Mukai K.
    J Clin Endocrinol Metab. 2016 Jan;101(1):6-9

  8. Mineralocorticoid receptor-associated hypertension and its organ damage: clinical relevance for resistant hypertension.
    Shibata H, Itoh H.
    Am J Hypertens. 2012 May;25(5):514-23

  9. Coactivation of SF-1-mediated transcription of steroidogenic enzymes by Ubc9 and PIAS1.
    Suda N, Shibata H, Kurihara I, Ikeda Y, Kobayashi S, Yokota K, Murai-Takeda A, Nakagawa K, Oya M, Murai M, Rainey WE, Saruta T, Itoh H.
    Endocrinology. 2011 Jun;152(6):2266-77

  10. Mechanisms of progesterone receptor inhibition of inflammatory responses in cellular models of breast cancer.
    Kobayashi S, Stice JP, Kazmin D, Wittmann BM, Kimbrel EA, Edwards DP, Chang CY, McDonnell DP.
    Mol Endocrinol. 2010 Dec;24(12):2292-302.

  11. NF-YC functions as a corepressor of agonist-bound mineralocorticoid receptor.
    Murai-Takeda A, Shibata H, Kurihara I, Kobayashi S, Yokota K, Suda N, Mitsuishi Y, Jo R, Kitagawa H, Kato S, Saruta T, Itoh H.
    J Biol Chem. 2010 Mar 12;285(11):8084-93

  12. COUP-TFII mediates progesterone regulation of uterine implantation by controlling ER activity.
    Kurihara I, Lee DK, Petit FG, Jeong J, Lee K, Lydon JP, DeMayo FJ, Tsai MJ, Tsai SY. PLoS Genet. 2007

  13. Coactivation of the N-terminal transactivation of mineralocorticoid receptor by Ubc9.
    Yokota K, Shibata H, Kurihara I, Kobayashi S, Suda N, Murai-Takeda A, Saito I, Kitagawa H, Kato S, Saruta T, Itoh H.
    J Biol Chem. 2007 Jan 19;282(3):1998-2010