メタボリックホルモン研究

研究グループの名称

内分泌時空医学寄付講座

研究室主任および研究室メンバー

研究室主任: 宮下 和季 (みやした かずとし)

1998年3月 京都大学医学部医学科 卒業
2006年3月 京都大学医学研究科 医学博士号取得 (内分泌代謝内科 中尾一和教授)
アドレノメデュリンの虚血脳における血管-神経再生作用とその治療応用に関する研究
2006年4月 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
2007年7月 慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科 特別研究助教
2009年7月 University of California San Francisco, Department of Laboratory Medicine (Visiting assistant professor)
2011年4月 慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科 特任講師
2016年10月 同上 専任講師
2017年4月 同上 特任准教授

研究室メンバー

  • 三石 正憲(助教, 平成15年卒)
  • 田蒔 昌憲(助教, 平成18年卒)
  • 萩原 あいか(平成21年卒)
  • 井上 博之(平成21年卒)
  • 藤井 健太郎(平成21年卒)
  • 遠藤 翔(平成23年卒)
  • 宇都 飛鳥(平成23年卒)
  • 竜崎 正毅(平成23年卒)
  • 佐藤 正明 (技術補佐員)

学外メンバー

  • 村木 絢子(平成16年卒)
  • 藤井 千華子(平成21年卒)

研究のメインテーマ

腎臓内分泌代謝学の広い視野に立脚した生活習慣病診療の開拓

我々腎臓内分泌代謝内科は、腎臓・内分泌・糖尿病の専門3分野のクロスオーバーの中で患者の病態を理解し、個別の専門性だけでは達しえない観点から、新しい内科診療の開拓に努めております。我々の研究においても3分野の融合を意識し、内分泌学・代謝学の観点からの、生活習慣病とその合併症の発症機構の解明と、新しい治療法の開発を目指しております。マウス・ラットを用いた基礎研究を続け、現在の研究テーマは以下の通りです。

  1. 骨格筋ミトコンドリア代謝の改善に基づくサルコペニア治療の開発
  2. 腎皮質アデニル酸代謝の改善に基づく虚血性腎症治療の開発
  3. 臓器代謝の変容を介したエピゲノム異常に基づく生活習慣病発症機構の解明

業績

  1. Fujii C, et al. Treatment of sarcopenia and glucose intolerance through mitochondrial activation by 5-aminolevulinic acid. Sci Rep. 7:4013, 2017.
  2. Tamaki M, et al. Ghrelin treatment improves physical decline in sarcopenia model mice through muscular enhancement and mitochondrial activation. Endocr J. 64:S47-S51, 2017.
  3. Tamaki M, et al. Improvement of Physical Decline Through Combined Effects of Muscle Enhancement and Mitochondrial Activation by a Gastric Hormone Ghrelin in Male 5/6Nx CKD Model Mice. Endocrinology. 156:3638-3648, 2015.
  4. Tamaki M, et al. Chronic kidney disease reduces muscle mitochondria and exercise endurance and its exacerbation by dietary protein through inactivation of pyruvate dehydrogenase. Kidney Int. 85:1330-1339, 2014.
  5. Mitsuishi M, et al. Dietary protein decreases exercise endurance through rapamycin-sensitive suppression of muscle mitochondria. Am J Physiol Endocrinol Metab. 30:E776-784, 2013.
  6. Muraki A, et al. Coenzyme Q10 reverses mitochondrial dysfunction in atorvastatin-treated mice and increases exercise endurance. J Appl Physiol. 113:479-486, 2012.
  7. Miyashita K, et al. Natriuretic peptides/cGMP/cGMP dependent-protein kinase cascades promote muscle mitochondrial biogenesis and prevent obesity. Diabetes 58:2880-2892, 2009.
  8. Mitsuishi M, et al. Angiotensin II reduces muscle mitochondrial biogenesis and affects glycemic control. Diabetes 58:710-718, 2009.
  9. Mitsuishi M, et al. cGMP rescues mitochondrial dysfunction induced by glucose and insulin in myocytes. Biochem Biophys Res Commun. 367:840-845, 2008.