腎高血圧病態解明・治療ワクチン

研究グループの名称

腎高血圧発症病態解明・治療ワクチン開発グループ

研究室主任および研究室メンバー

【腎高血圧発症病態解明グループ】林 香(平成16年卒、助教)

専門

腎臓、高血圧、生活習慣病一般

2004年 慶應義塾大学医学部卒業
2004年-2006年 国立国際医療センター
2006年 慶應義塾大学医学部内科学教室入局
2007年-2011年 慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程、博士(医学)
2009年 学術振興会特別研究員(DC)
2011年 慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科助教
2012年 慶應義塾大学病院予防医療センター助教
2017年 慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科助教

メンバー

  • 中村真理 平成8年卒 助教(育児支援)
  • 菱川彰人 平成24年卒 大学院生、学術振興会特別研究員(DC)
  • 吉本憲史 平成25年卒 助教(専修医)

【治療ワクチン開発グループ】畔上達彦

専門

腎臓内科、高血圧、生活習慣病

2007年3月 慶應義塾大学医学部卒業
2007年4月‐2009年3月 社会福祉法人仁生社江戸川病院 初期臨床研修医
2009年4月‐2012年3月 慶應義塾大学大学院医学研究科
2012年4月‐2013年3月 慶應義塾大学医学部MSD抗加齢内分泌学講座 特任助教
2013年4月‐2017年3月 慶應義塾大学医学部内科学(腎臓内分泌代謝) 助教
2017年4月‐現在 慶応義塾大学保健管理センター 助教

研究のメインテーマ

【腎高血圧発症病態解明グループ】腎臓病の発症・進展に関与するエピゲノム調節機構の解明。腎臓が担う「心血管メモリー現象」の分子基盤の解明。

【治療ワクチン開発グループ】生活習慣病に対する治療ワクチンの開発

研究概要

【腎高血圧発症病態解明グループ】
我が国においては加速する高齢化社会を背景として、高血圧、糖尿病などの生活習慣病と、更にそれらに随伴する慢性腎臓病の増加は社会問題となっており、その対策は急務と考えられます。我々はこれらの疾患の病態において重要な役割を果たしているレニンアンジオテンシン系とその抑制薬による持続的効果(メモリー効果)について検討して参りました(Hypertension 2009, Kidney Int 2010, J Atheroscler Thromb 2012, Hypertension 2014)。更にその機序の一つとして最近はエピゲノム調節の関与について検討しております(J Clin Invest 2014, Kidney Int 2015)。エピゲノム変化は、後天的に環境要因に依存して起こる、遺伝子発現を変え得る変化であることから、私達は生活習慣病におけるエピゲノム変化の重要性に注目しています。
慢性腎臓病の治療は進行抑制が主であり、治癒は困難なのが現状です。私達はこれらの疾患におけるエピゲノム変化形成の分子基盤を明らかにすることにより、先制医療あるいは治癒を目指した新たな治療法開発を目指した研究を目標としています。

【治療ワクチン開発グループ】
生活習慣病は脳心血管疾患などの合併症を引き起こし、死亡やADL低下の原因となります。有病率が高いため、医療経済の観点からも生活習慣病の制御は必須の医療課題と考えられます。生活習慣病は自覚症状を呈さず、長期間にわたる治療継続が必要となるため、服薬アドヒアランスが不良となりがちです。そこで、少ない服薬回数で長期にわたる治療効果が得られる治療方法の開発が必要と考え、新たな戦略としてワクチンに着目しています。ワクチンはその性質から、数回の接種により、体内で目的分子に対する抗体を誘導・維持することが可能であり、その結果、長期間の治療効果が期待できます。我々の研究室では、生活習慣病を予防・治療できるようなワクチンの開発に取り組んでいます。

業績

腎高血圧発症病態解明グループ

  1. Kaori Hayashi*, Michiyo Takayama, Takeshi Kanda, Kazuhiro Kashiwagi, Akihito Hishikawa, Yasushi Iwao, and Hiroshi Itoh(*corresponding author)Association of kidney dysfunction with asymptomatic cerebrovascular abnormalities in a Japanese population with health checkups. Circ J, in press
  2. Kaori Hayashi*, Michiyo Takayama, Takayuki Abe, Takeshi Kanda, Hiroshi Hirose, Ryoko Shimizu-Hirota, Eisuke Shiomi, Yasushi Iwao, and Hiroshi Itoh(*corresponding author)Investigation of metabolic factors associated with eGFR decline over one year in a Japanese population without CKD. J Atheroscler Thromb, in press
  3. 林 香. ポドサイト障害―腎障害における新たな視点. ポドサイトのエピゲノム調節機構と病態における役割. 医学のあゆみ、2017年10月号
  4. Kaori Hayashi. Editorial (Thematic issue: Epigenetic modulations in kidney podocytes: a possible target of treatment for proteinuria). Curr Hypertens Rev. 2016; 12(2): 88
  5. Kaori Hayashi*, Akihito Hishikawa, and Hiroshi Itoh. DNA damage and epigenetic changes in kidney diseases – focused on transcription factors in podocytes(*corresponding author)Curr Hypertens Rev. 2016; 12(2): 105-11
  6. 林 香、伊藤 裕. 腎疾患とエピジェネティクス. アンチエイジング、抗加齢医学会雑誌、Vol. 12 No.6, 764-769、2016年
  7. Kaori Hayashi, Hiroyuki Sasamura, Mari Nakamura, Yusuke Sakamaki, Tatsuhiko Azegami, Hideyo Oguchi, Hirobumi Tokuyama, Shu Wakino, Koichi Hayashi, Hiroshi Itoh. (*corresponding author)Renin-angiotensin blockade resets podocyte epigenome through Kruppel-like Factor 4 and attenuates proteinuria. Kidney Int. 88 (4): 745-53, 2015 (Comments in Kidney Int. 88 (4): 668-70, 2015)
  8. Kaori Hayashi*, Hiroshi Itoh(*corresponding author)Transcription factors and epigenetic modulation – its therapeutic implication in chronic kidney disease (CKD). Arch Immunol Ther Exp. 63 (3): 193-196, 2015
  9. 林 香、伊藤 裕. ポドサイトにおけるエピジェネティック調節. 腎と透析、2015年3月号、369-372、東京医学社
  10. 林 香、伊藤 裕. RAS阻害薬のエピゲノム変化への修復効果 (Therapeutic effect of RAS inhibitors on epigenetic changes in life-style related diseases.) Nihon Rinsho. 2015 Nov;73(11):1933-8.
  11. 林 香、伊藤 裕. ポドサイトにおけるアンジオテンシン阻害薬を介したエピゲノム修復効果(Epigenetic modulation in podocytes through angiotensin blockade)医学のあゆみ、医歯薬出版、255巻9号、2015年11月号
  12. Kaori Hayashi*, Hiroyuki Sasamura*, Mari Nakamura, Tatsuhiko Azegami, Hideyo Oguchi, Yusuke Sakamaki, Hiroshi Itoh(*corresponding author)KLF4-dependent epigenetic remodeling modulates podocyte phenotype and attenuates proteinuria. J Clin Invest. 124 (6): 2523-2537, 2014 (Comments in Nat Rev Nephrol. 10(7): 362, 2014)
  13. Hideyo Oguchi, Hiroyuki Sasamura, Kazunobu Shinoda, Shinya Morita, Hidaka Kono, Ken Nakagawa, Kimiko Ishiguro, Kaori Hayashi, Mari Nakamura, Tatsuhiko Azegami, Mototsugu Oya, Hiroshi Itoh. Renal arteriolar injury by salt intake causes ‘Salt Memory’ for the development of hypertension. Hypertension. 64(4): 784-791, 2014
  14. 林 香、篠村裕之、伊藤裕. 山中因子KLF4による糸球体上皮細胞遺伝子のエピジェネティック調節. Annual Review腎臓2014年、P117-122、中外医学社
  15. Kaori Hayashi, Hiroyuki Sasamura, Tatsuhiko Azegami, Hiroshi Itoh. Regression of atherosclerosis in apolipoprotein-E deficient mice is feasible using high-dose angiotensin receptor blocker, candesartan. J Atheroscler Thromb. 19 (8): 736-46, 2012
  16. Kaori Hayashi, Hiroyuki Sasamura, Takako Hishiki, Makoto Suematsu, Satsuki Ikeda, Tomoyoshi Soga, Hiroshi Itoh. Use of serum and urine metabolome analysis for the detection of metabolic changes in patients with stage 1-2 chronic kidney disease. Nephro-Urol Mon. 3: 164-171, 2011
  17. Kaori Hayashi, Hiroyuki Sasamura, Kimiko Ishiguro, Yusuke Sakamaki, Tatsuhiko Azegami, Hiroshi Itoh. Regression of glomerulosclerosis in response to transient treatment with angiotensin II blockers is attenuated by blockade of matrix metalloproteinase-2. Kidney Int. 78(1): 69-78, 2010
  18. Yusuke Sakamaki, Hiroyuki Sasamura, Kaori Hayashi, Kimiko Ishiguro, Hironari Takaishi, Yasunori Okada, Jeanine M. D’Armiento, Takao Saruta, Hiroshi Itoh. Absence of gelatinase (MMP-9) or collagenase (MMP-13) attenuates adriamycin-induced albuminuria and glomerulosclerosis. Nephron Exp Nephrol. 115(2): 22-32, 2010
  19. Hiroyuki Sasamura, Kaori Hayashi, Kimiko Ishiguro, Hideaki Nakaya, Hiroshi Itoh. Prevention and regression of hypertension: role of renal microvascular protection. Hypertens Res. 32(8): 658-64, 2009
  20. Kimiko Ishiguro*, Kaori Hayashi* (joint-first author), Hiroyuki Sasamura, Yusuke Sakamaki, Hiroshi Itoh “Pulse” treatment with high-dose angiotensin blocker reverses renal arteriolar hypertrophy and regresses hypertension. Hypertension. 53(1): 83-89, 2009

治療ワクチン開発グループ

  1. Azegami T, et al. Nanogel-based nasal vaccines for infectious and lifestyle-related diseases. Mol Immunol (in press)
  2. Azegami T, et al. Intranasal vaccination against angiotensin II type 1 receptor and pneumococcal surface protein A attenuates hypertension and pneumococcal infection in rodents. J Hypertens (in press)
  3. Azegami T, et al. Nanogel-based nasal ghrelin vaccine prevents obesity. Mucosal Immunol 10(5), 1351-1360, 2017
  4. 畔上達彦 他. 糖尿病治療におけるプロバイオティクスの可能性. 糖尿病診療マスター 15(6), 510-513, 2017
  5. 畔上達彦 他. 腸管粘膜バリアの破綻と疾患. Medical Science Digest 42(6), 10-13, 2016
  6. Kiyono H and Azegami T. The mucosal immune system: From dentistry to vaccine development. Proc Jpn Acad Ser B Phys Biol Sci 91(8), 423-439, 2015
  7. Azegami T, et al. Novel transgenic Rice-Based Vaccines. Arch Immunol Ther Exp (Warsz) 63(2), 87-99, 2015
  8. Lamichhane A, Azegami T, et al. The Mucosal Immune System for Vaccine Development. Vaccine 32(49), 6711-6723, 2014
  9. Azegami T, et al. Challenges in mucosal vaccines for the control of infectious diseases. Int Immunol 26(9), 517-528, 2014
  10. 畔上達彦 他. 粘膜免疫. 医学の歩み 249(5), 396, 2014
  11. 篠村裕之, 畔上達彦 他. 高血圧ワクチン療法の現状と課題. 日本臨牀 70(9), 1627-1632, 2012
  12. Azegami T, et al. Vaccination against the angiotensin type 1 receptor for the prevention of L-NAME-induce nephropathy. Hypertens Res 35(5), 492-499, 2012
  13. 篠村裕之, 畔上達彦 他. アンジオテンシン受容体ワクチン. 日本臨牀 69(9), 1633-1638, 2011
  14. 畔上達彦 他. 高血圧・腎障害のワクチン療法. Life Style Medicine 4(2), 72-75, 2010

著書

  1. 畔上達彦 他. 尿細管・間質・血管病変の分類. 腎生検病理アトラス 改訂版. 日本腎病理協会, 日本腎臓学会 編. 東京医学社. 81-89 頁, 2017年
  2. 幸義和, 畔上達彦 他. 経口ワクチン. 経鼻粘膜投与へのワクチン,アジュバントのターゲッティング. 次世代アジュバント開発のためのメカニズム解明と安全性評価. 石井健 監修. シーエムシー出版. 180-187頁, 2017年
  3. Sasamura H, Azegami T, et al. Vaccines for hypertension and atherosclerosis. In Molecular Vaccines. Giese M. (eds), Springer Cham, Switzerland, pp451-461, 2014
  4. 畔上達彦 他. 経口ワクチン. 応用が広がるDDS~人体環境から農業・家電まで~. 寺田弘, 中川晋作, 辻孝三, 牧野公子, 絹田精鎖, 西野敦 編. 株式会社エヌ・ティー・エス. 300-309頁, 2013年